ARCHIVE 過去の展覧会

2017年05月26日 - 2017年07月31日

MV AGUSTA F4Z Special presentation

この度、CoSTUME NATIONAL・LAB・では、イタリアのプレミアム・スポーツバイク・メーカー”MV AGUSTA”とイタリア名門カロッツェリアである”ZAGATO”のコラボレーションにより生まれた”MV AGUSTA F4Z”の日本上陸を記念して、同アグスタ社のFIMスーパーバイク&スーパースポーツ世界選手権の2016ワークスレーサーであるMV AGUSTA F4RC(Leon Camier車)とMV AGUSTA F3 675RC(Jules Cluzel車)と共に青山旗艦店にて期間限定で展示いたします。

2015年12月12日 - 2016年02月28日

Hiroshi Sugimoto: “In Praise of Shadows”

CoSTUME NATIONAL | LABでは、2015年12月12日~2016年2月28日まで、世界的に高い評価を得ている現代美術作家 杉本博司の個展を青山旗艦店にて開催致します。 CoSTUME NATIONALのスペースと融合し、空間全体がアート作品であるような感覚が生起します。

2015年07月15日 - 2015年10月18日

Sol Lewitt:

CoSTUME NATIONAL | LABでは、2015年7月15日~10月18日まで、コンセプチュアルアートの先駆者である、アメリカの現代美術家ソル・ルウィットの個展『Lines and color』を開催いたします。 CoSTUME NATIONALのミニマルな空間で、線と色、同一の形象が視覚的に展開され、幾何学的に構成された作品をご高覧ください。 下記日時は貸切のご予約をいただいております。 ・10月4日~10日 終日 ご理解のほど、よろしくお願い致します。

2015年01月15日 - 2015年02月28日

Chandigarh

日本を代表する写真家、ホンマタカシの個展 “Chandigarh”を開催

2014年10月15日 - 2015年01月10日

Black Hologram

Callum Innes、Ester Partegas、Jenny Holzer、Sean Landers、Wolfgang Tillmans、杉本博司 他

2014年08月15日 - 2014年10月05日

Aston Martin DBS Coupé ZAGATO Centennial

CoSTUME NATIONALがインテリア、カラーリング、素材選定を手掛けたAston Martin DBS Coupé ZAGATO Centennial が日本上陸

2014年02月13日 - 2014年05月15日

花代  “灰色区域”

CoSTUME NATIONAL | LABでは、2014年2月13日~5月15日まで、花代の「灰色区域」を公開いたします。今回の個展では、写真が本質的にそなえる男性原理から、軽やかに逸脱する表現を追求してきた花代のあらたな試みである、一昨年以降に撮影されたモノクローム作品を展示致します。焦点をぼかしたフレームワークに、モノクロームの世界が合わさり、観る人に強いノスタルジーを喚起する作品展示となっております。 CoSTUME NATIONLの永遠のアイコンカラーである“モノクローム”の作品のみを選んだ個展は、東京では初めての開催となります。 当個展では、2013年の“灰色区域”大阪プレ公開時の作品に加え、新たな作品も多数追加されております。 この機会に、花代の叙情的な作品とCoSTUME NATIONALのミニマムな世界観とのコントラストをぜひ体感して下さい。

2013年10月19日 - 2014年01月13日

Hiroshi Sugimoto:Architecture of Time

LAB/CoSTUME NATIONALでは、2013年10月19日〜2014年1月13日まで、世界的な現代美術家である杉本博司の個展「Architecture of Time」を公開いたします。 現代美術家、杉本博司は、8✕10(エイトバイテン)カメラを用いた精緻な写真技術と明快なコンセプトによって「時間」、「光」、「モダニズム」をテーマに数々の名作を生み出し、世界的に高い評価を得ています。 本個展は、杉本博司の代表的な「建築(Architecture)」シリーズの作品を多数集め、無限遠の2倍の焦点で写し取られたモダニズムの建築物が表すエッセンスが、CoSTUME NATIONALのミニマルでオーセンティックな哲学と呼応し、静かに緊張感のある空間自体が作品と共に迫ってくる感覚を引き起こします。

2013年03月09日 - 2013年09月30日

Koki Tanaka Beholding Performer, Performing Beholder

CNAC LABでは、2013年3月9日から9月30日まで、田中功起の映像インスタレーション作品「Beholding Performer, Performing Beholder」(2012)を日本初公開いたします。 本作は昨年、米西海岸で行われた『Made in L.A.』(2012, ロサンゼルス・ビエンナーレ/ハマーミュージアム)にて、2012年6月初めから約3ケ月間展示された2chビデオ作品で、3つのドローイングと10個の円形ミラー、20個の椅子から成るビデオ・インスタレーション作品となります。 現在、ロサンゼルスを拠点に活動する田中功起は、2000年以降、国内外で数多くの展覧会実績を持ち、今年開催される第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展の日本館アーティストとして選出されています。

2012年09月22日 - 2013年02月28日

Apichatpong Weerasethakul | PRIMITIVE 特別上映

CNAC LABでは2012年9月22日より、アートと映画の両分野で近年国際的に活躍するタイの映像作家、アピチャッポン・ウィーラセタクンの「プリミティブ」プロジェクトよりその核となる2面マルチ映像「PRIMITIVE」を、あらたに日本語字幕を付けたバージョンにて日本初公開いたします。

2012年08月31日 - 2012年09月17日

Welcomes TZ3 Stradale to Japan 「ART & DESIGN」

CNAC LABでは、2012年8月31日より、CoSTUME NATIONALのデザイナーであるエンニョ・カパサがデザインした世界に一台だけの特別な内装を持つ’’TZ3 Stradale’’の2号車を日本初公開いたします。

2012年07月06日 - 2012年08月26日

Apichatpong Weerasethakul | PRIMITIVE

CNAC LABでは、2012年7月6日より、アートと映画の両分野で近年国際的に活躍するタイの映像作家、アピチャッポン・ウィーラセタクンの「プリミティブ」プロジェクトより、メインの映像作品7点を、前期、後期に分け、個別上映方式にて展示いたします。

2012年02月09日 - 2012年06月10日

Simon Starling | Project for a Masquerade (Hiroshima)

英国ターナー賞作家、サイモン・スターリングの「仮面劇(マスカレード)のためのプロジェクト(ヒロシマ)」を上映します。ヘンリー・ムーアの「アトム・ピース」というブロンズ彫刻作品の背景には、冷戦構造の中に隠された政治、核開発、美術、そして様々な人物が造り上げていった事象の変遷が、複雑に絡みあっていることを、スターリングは、能の謡曲『烏帽子折』のストーリーを軸に、歴史家のように丹念に紐解いていきます。能面と能面との間で、何層にも重なり合う複数の物語は、能と現代彫刻というふたつの様式化された表現方法を行き来すると同時に、欧米と日本との異なる文化と歴史からの多様な引用を、卓越した創意と転覆のストーリーにまとめあげています。

2011年11月04日 - 2012年01月31日

Sick Serena and Dregs and Wreck and Wreck展

1977年生まれのエミリー・ウォーディルは、イギリスの現代美術分野のフィルメーカーとして、現在世界的に注目されている若手作家のひとりです。近年は、世界各地の美術館、ビエンナーレ等で数多くの個展、グループ展に参加しています。 CNAC LABにおける本格的なコンテンポラリーアート・プログラムの初回の展示となる「Sick Serena and Dregs and Wreck and Wreck」(2007)は、イタリアで開催中のヴェネツィア・ビエンナーレの企画展『ILLUMInations』に出展されている作品となります。またアメリカのセントルイス現代美術館でも、2011年9月から本作による展覧会がスタートしました。 ウォーディルは、このほか2010年から2011年にかけてマサチューセッツのケンブリッジにあるMITリスト・ヴィジュアル・アーツ・センターや、アムステルダムのデ・アペル現代美術センターでも個展を行っています。 なお本作品は、今回のCNAC LABでの展示がアジア初のプレビューとなります。

2010年09月01日 - 2010年10月25日

『CoSTUME NATIONAL : 25 Years』展

開催期間 2011年9月1日(木)〜10月25日(火) September 1- October 25, 2011 会場構成:中村竜治 Space Design : Ryuji NAKAMURA

  • CNAC MOVIE
  • MailMagazine