CNAC LABでは、2013年3月9日から9月30日まで、田中功起の映像インスタレーション作品「Beholding Performer, Performing Beholder」(2012)を日本初公開いたします。

本作は昨年、米西海岸で行われた『Made in L.A.』(2012, ロサンゼルス・ビエンナーレ/ハマーミュージアム)にて、2012年6月初めから約3ケ月間展示された2chビデオ作品で、3つのドローイングと10個の円形ミラー、20個の椅子から成るビデオ・インスタレーション作品となります。

現在、ロサンゼルスを拠点に活動する田中功起は、2000 年以降、国内外で数多くの展覧会実績を持ちます。主な個展に『雪玉と石のあいだにある場所で』(2011, 青山|目黒)、『Dog, Bus, Palm Tree』(2011, ザ・ボックス、ロサンゼルス)、『Nothing related, but something could be associated』(2010, イエルバ・ブエナ・アート・センター、サンフランシスコ)があり、企画展では、第7 回光州ビエンナーレ(2008)、『笑い展』 (2007, 森美術館)、『夏への扉:マイクロポップの時代』(2007, 水戸芸術館)、『国立新美術館開館記念展:20世紀美術探検』(2007, 国立新美術館)、ヨコハマトリエンナーレ2011(2011, 横浜)、『Made in L.A.』(2012, ロサンゼルス・ビエンナーレ/ハマーミュージアム)などがあります。また昨年の5 月には、2013 年に開催される第55 回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展の日本館アーティストとして選出されています。

 本インスタレーション作品「Beholding Performer, Performing Beholder」(2012)は、田中功起が昨年参加したロサンゼルス在住のアーティストを集めたローカルなビエンナーレである『Made in L.A.』への新作出品作として制作されたものです。本作を制作するにあたり、田中はまずハマーミュージアムの母体であるUCLA の音楽学部の学生に協力を依頼し、Ariel CamposとMatt Sumidaという二人のマリンバ奏者が参加することになりました。ハマーミュージアムでの展示では、このふたつの映像を相対するように配置し、ひとりの奏者が即興演奏をしている映像の反対側に、もうひとりがその演奏をオーディエンスとして観ている映像がスクリーンに映し出されます。さらに、この映像インスタレーションを体験する観客は、会場に設置された複数のミラーに反射する映像、自分自身、また他の観客のイメージ等が混在する場を体験することになります。

Koki Tanaka
Beholding Performer, Performing Beholder
2013年3月9日〜9月30日 
※好評につき会期延長致しました。

March 9 - September 30, 2013
11:00-19:00

営業時間変更のお知らせ
9月10日(火) 11:00〜17:00
9月11日(水) 休館
9月12日(木)13:00〜19:00 

Access

CNAC LAB
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-30
CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex 1F

Access