コンピュータと建築

「コンピュータと建築」をテーマに、
松川昌平氏をゲストに迎えます。

 

今回のAAR+CNAC LAB共催のシンポジウムは、建築家の松川昌平氏をゲストに迎え、「コンピュータと建築」をテーマに討議を行います。松川氏は、従来の建築設計の行為を「コンピュータ」に置き換える「コンピュータライゼーション(コンピュータ化)」と異なり、建築設計の概念そのものを「コンピューテーション(計算)」の概念を照らすことによって書き換えようとしています。松川氏を迎え、建築における「コンピュータ(計算機)」の今日的な意味を考えます。

 

テーマ:「コンピュータと建築」
ゲスト:松川昌平 ナビゲータ:藤村龍至


開催日時:11月30日(金)19:00 - 21:00
開催場所: CNAC LAB
定員: 80 名(予約制)

松川 昌平 | Shohei Matsukawa
000studio主宰、慶應義塾大学SFC専任講師
1974 年生まれ。1998年東京理科大学工学部建築学科卒業。1999年000studio設立。2009-11年文化庁派遣芸術家在外研修員および客員研究員としてハーバード大学GSD在籍。2012年慶應義塾大学SFC環境情報学部専任講師。アルゴリズミック・デザインと呼ばれる方法論の研究・実践を行いながら、建築の計算(不)可能性を探究する。共著に『設計の設計』(INAX出版, 2011)。訳書に『アルゴリズミック・アーキテクチュア』(彰国社, 2010)
藤村 龍至 | Ruji Fujimura
1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。10年より東洋大学専任講師。2007年よりフリーペーパー『ROUNDABOUT JOURNAL』企画・制作・発行。2010年よりウェブマガジン『ART and ARCHITECTURE REVIEW』企画・制作。
写真撮影:新津保建秀