ニュース > CoSTUME NATIONAL MAN....

2013年01月17日

CoSTUME NATIONAL MAN FW13/14 Fashion Show

デザイナー、エンニョ・カパサのベースであり、常にインスピレーションとなっているもの、それがRock and rollであり、時には社会すらも変えてしまうその若いパワーは、彼が作品をクリエイトするときに、大きな影響を与えるものでる。

 

“怒り、それはグローバルな感情であり、変革へのプレリュード、そして今日の若さを通して私が躍動的だと感じるエナジーである。50年代の最後には、こういった感情は、男性のコスチュームやアティチュードを変革しようとする反逆者たちの支えのようなものになった。60年代から70年代を通して進化していった彼らの時代から、若い世代は常に自分自身や世界を瞬く間に取り戻していく。私は今、またそういうことがすぐにでも起こることを望んでいるよ。Rock and roll!”

 

60年代のパンクシーンをテーマに、若々しく、そして力強いエナジー溢れるコレクション。

映画「velvet goldmine」を思わせる、鮮やかなエレクトリックブルーのタイトなシルエットのスーツに、レトロサテンや、光沢感のあるベルベット素材。そして60 年代のヴィンテージ生地を再現して作られたスーツやビートルブーツに、デイビッド・ボウイにインスパイアされたというラパンフェルトのフェドラ帽やバイ カージャケットは、若いエネルギーに溢れる60年代のロンドンのストリートを思わせる。全体的にレザーを多く用いたタフな印象のコレクションを通して、ブ リティッシュパンクロック最盛の、その歴史における良き時代を現代に蘇らせたエンニョ・カパサ。

 

そんな「若き反逆者」を描きながらも、日本製の最新技術で作られた生地を用いてジャケットを軽量化し、よりプラクティカルに仕上げるなど、最先端技術とのコラボレーションも、毎シーズン注目したいディテールである。

 

        

 

         

   

           

 

【問い合わせ先】

株式会社 CN ジャパン(CN Japan Inc.) 

担当部署:ビジネスプロモーション

TEL: 03-4335-7772 

E-mail: cn_bp@costumenational.jp