ニュース > CoSTUME NATIONAL Lad....

2013年09月30日

CoSTUME NATIONAL Ladies 2014 SS Fashion Show

「新しいミラノともいえる場所にある、若手のコンセプトアーティスト作品と建築途中のスペースは、23年ぶりに自身のレディースコレクションをミラノで復活させるにあたって、完璧なフレームだよ」

 

2013年9月、23年ぶりにパリを離れ、ミラノでレディースコレクションを発表することになったデザイナー、エンニョ・カパサが、その最初の舞台に選んだ場所が、いずれは美術館になるであろう建築中の建物だった。この変化は、エンニョのデザインにも新しい影響を与えている。

そしてイタリア人の若手アーティスト、ジュリオ・フリーゴの3Dグラフィックアートも、エンニョにとって大きなインスピレーションだ。

 

「今回のコレクションは、それぞれの作品にゆったりとした雰囲気を与えるために、自由に型を分解したり、再構築して創り上げていった。再構築するときには、レーザーカットや他の新しいテクノロジーを実験的に取り入れながら、実用性を追求した美学を取り入れていった。 新しいインスピレーションを探したり、新しいエナジーを見つけて、また再構築していくことは、ファッションにおいて常に大切なことだ」

 

これまでエンニョのデザインには見られなかったディテールに気がつく。ツイードとリネンコットン素材を用いたデザインのカッティング、レザーなどを用いたクチュールのTシャツやタンクトップなど、これまでに無かったグラマラスな実用性がある。

 

「今、新たなスタートを切るその瞬間がやってきた」

 

エンニョ・カパサがそのルーツにもう一度戻ることは、彼自身の再構築でもあり、それがブランドにとってポジティブであることは、今回のコレクションを通して証明されたと言えるだろう。

 

    

 

    

 

【問い合わせ先】

株式会社 CN ジャパン(CN Japan Inc.) 

担当部署:ビジネスプロモーション

TEL: 03-4335-7773

E-mail: cn_bp@costumenational.jp